カウンター
[PR] キャッシング情報 BEACHBUM PARADISE@亡命政府 未選択 忍者ブログ
沖縄本島北部の名護ビーチの海の前にあったゲストハウス&カフェ「ビーチバムパラダイス」のブログ。 スタッフとお客さんたちが一緒になって綴る、アホらしくもハッピーな日々の記録です。 お店はなくなってしまったけど、管理人の個人的雑記でも綴ってみようかななんて思ったリ思わなかったり。。。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子供の頃、散髪屋だとか医者に体を触られるようなとき、「力を抜いて」なんていわれる度に、力を抜いた状態というのがよくわからずに困ることがあった。
自分では力んでいるつもりなどなく、子供心に「人間座っていようが寝てようが重力やら気圧やらに逆らっているんだから、生きてる限り(眠っているときでさえ)脱力なんてできっこない」なんて反発を感じたものだが、今にして思えば、そういう他人の体に触ることが常態化している職業の人にはわかる「りきみ」というのがあったんだろう。

大人になって、体に触らなくても、言葉とか態度からも他人の「りきみ」をある程度感知できるようになると、どういった外的要因が作用して「かたさ」だとか「こわばり」を生じているのかに興味がわいて、少しづつではあるが「形而上の力を抜く」ということが理解できるようになってきた。
「力を抜きなさい」といわれて力を抜ける人はそういない。元来なんらかの力みがある状態から自覚的に力を抜く事は、痙攣している右手を左手で押さえつけるようなものだ。
健康な人は、地面の上に立っているとき、重力に逆らって足を踏ん張っている、とは感じないだろうが、病気で寝たきりの人なら、ただ起きて座っていることさえ、みえない力に抗うことだと自覚するはずだ。
生きているかぎり完全に「力を抜く」ことはできない。だからせめて眠ることが許されているのだ。重力に逆行するエネルギーを最小限にとどめた状態、外圧への防御を最小限に緩和できる状態、それが睡眠なのかもしれない。

現代人は自分の外側の世界がどんどん拡大し続けている(あるいはそう認識している)から、その外圧に負けじと自己の意識を拡大させているように見える。心が外からの力に押しつぶされないように、いつも内圧をかけてパンパンに膨らませている。
自意識過剰のような意味で「自我の拡大」なんてよくいわれるけど、それは外部への認知が否応なく拡大しているからだ。
拡張しつづける「他」に対抗して内圧を上げつづけることには自ずと限界がある。エネルギーが尽きてぺちゃんこに潰れてしまうか、外側へ向かって大爆発するかのいずれかの道を辿る。星の一生にも似ているし、「動機無き」無差別殺人と「理由無き」自殺をも想起させる。

拡大する世界と融和するには、認識しつつ忘れるというちょっとした技術が必要だ。現代人は大抵重力の存在は知っているが、常時そのことを意識して地面に足を踏ん張っている人はいない。そんなことをしてたら体がもたない。
街を歩いてたら他人がたくさんいる。知らない人達だから、誰が自分を攻撃してこないとも限らないが、目に入る人全員を敵だと思って警戒してはいられない。
ヒトはこれまでも様々な方法で外界を規定することで、未知なるものへの恐怖を軽減してきたわけだが、たとえば排外主義や外国人差別なんかも茫漠とした外界を、有限の枠内に押し込める事で恐れも一定量に抑制しようという典型的防御だし、地動説がなかなか受け入れられなかったのも、それに類するものと思われる。

原発事故以来、一般に日本人の外界認知は拡張したようである。それまでごく身のまわリの現象にしか感心を持たなかった人びとでさえ、国家や政治といったものに漠然と関心を持つ機会が増えたように見える。原発事故が黒船のような効果をもたらしたのだろう。そしてこの新たなる未知への恐怖をどう規定し有限化するか、まだコンセンサスは生まれてきそうにない。
「原子力」という「魔物」をヒステリックに排除しようとする心理が広がりをみせているのも、無理からぬことといえる。はじめてひとりで出歩いた子供が、見知らぬ男に声をかけられたら、それは「悪い人」と認識されるのが、人の防御としては正しい。未知なるものを「正しく怖がる」などという防御はないのである。

だから我々はますます外に対する防御ということを強く意識せざるをえなくなる。世界が広がれば不安要因が増加するのは必定だ。そうした不安を魔法のように取り除くハナレワザをやってのけるなんていうのはいわゆる新興宗教のうたい文句だが、それとてその幻想を保守すればするほど外界との間により強固な壁を築く必要に迫られ、しだいに内外の圧力差が高まった結果、いずれ顕在化する致命的な破局を先送りにしているに過ぎない。ベントを躊躇したあげく水蒸気爆発を招いた原子炉格納容器のごとくである。

この自己と外界を隔てる壁を浸透膜のように柔軟に保つこと、曖昧にしておくことが、認識しつつ忘れる技術、すなわち「力を抜く」ことなのではないだろうか。
重力を感じつつ忘れる。自他のはざまにたゆたう差異の川辺を護岸工事せず、問題を意識下にとどめつつ無為の水面に心を漂わせる。そんなふうに未知なる「外」とつきあっていけないものだろうか。
自己流ストレッチで静かに腹式呼吸をしているときに、そんなことをふと思ったのであった。

拍手[3回]

PR
あけましておめでとうございます!

拍手[2回]

海に酒に忙しくなかなかブログ更新できないので、最近の出来事をまとめてお伝えします。

まずはモズクネタの続編。
とってもとっても、食っても食っても一向になくならないモズクとの格闘の日々が続いております。

食べるのにも飽きてきて、とうとうこんなコトまではじめる人が現れました。



「天然もずく風呂オンザビーチ」です。。。

考案者は同僚の比嘉さん。
バスタブに満たされた海水とモズクのミネラルと天然成分がアナタのお肌をつるつる(ぬるぬる?)にしたり、人によってはかゆくしたりします。

勇気ある最初のチャレンジャーはビーチバム宿泊のマリちゃん。
気持ち良さそうにモズクと戯れていますが、この後ちょっと赤いブツブツが出てました(;^_^

モズクに飽きると、ティラジャー(マガキガイ)というこのへんでは誰でも知っている貝を採ってきます。



採ってくるのはボクたちの仕事。殻からミをとりだすのは、彼女たち“てぃらじゃー奴隷”(?)の仕事です。



なかなかいい仕事をします。

写真は岸和田のてぃらじゃー奴隷と高木町のてぃらじゃー奴隷です。

つづいては、ビーチバムの新しい仲間、ガラサーミーバイ(イシガキダイ)のミーちゃん(仮)です。
大きくなったらバター焼きかな(笑)



そして、手前に写っているのは、やはりモズク。
今シーズンもオトナの水槽、幽玄の水槽を目指します。

こちらはビーチバム名物“ヤールー”(ヤモリ)のあかちゃん。



ヨタヨタとあるく姿は超キュート。大きくなったらバター焼き…せーへん、せーへん(笑)。ちなみに歩いているのは、ボクの足の上です(黒っ!)

こんなヤールーの卵が部屋のいろんなところに。。。殻を破って出てくる瞬間が見たい!



最後にビーチバムカフェ昼の部の新メニューを2品紹介しときます。

まずはボクとダイサクによる共同開発「スパイシーチキンサンド」。
カレー用のスパイスで味付けしたチキンとマスタードがバゲットになかなか合ってて、うまいです。



もうひとつはサンドの定番「BLT」。
こちらはダイサクのオリジナル。最近までカフェで働いていただけあって、ボクの不得意分野を補ってあまりあるものがありますなぁ。



いづれもサラダ付きで500円。ドリンクセットで700円です。

ちょっと悔しいので、現在ボクのオリジナル「ポーク玉子ゴーヤーサンド」を開発中です。近日発売予定!

※追伸
この記事を書くのに、なんと3日もかかってしまった。。
書いている途中でお客さんが来たり、眠気で意識が朦朧としてきたりして、とぎれとぎれに書いてるので、自分でもよくわけの分からないとりとめのないものになっております(まぁ、だいたいいつもだけど)。

ちなみに今日は同僚の比嘉さんの突然の休日宣言によって、ひとりでシーウォーク20名(内子供多数)をこなし、飯も満足に食えずフラフラになりながら、近所のバーガーショプ“キャプテンカンガルー”で行われるココターポーさんのライブのお手つだいに馳せ参じたところ、遅れたせいで仕事がなく、仕方がないのでビールでも飲もうと思って注文したところ「チャージ2,000円お願いしまーす」といわれたので、その場に崩れ落ちそうになるのをグッとこらえて、それでも奮起して店を開けるべくビーチバムにもどり、最後の力を振り絞ってこの記事を完成させるに至ったのでした。

ココターボーさん、お力になれなくてすんません。なんせボクは“ココントコタボー”なもので。。。

拍手[0回]

ご無沙汰しております。

沖縄はようやく梅雨入りしたそうです。

そんなわけで、本日は休肝日にしてみました(お店は営業中)。前回の休肝日がいつだったか、もう覚えていません。たしか、インフルエンザで5日ほど寝込んだ時だったか。。

おかげさまで最近お店のほうもなんだかんだで忙しく、ある晩はオーバー40大集合70年代フォークの夕べinうた声barバービーチバムだったり、その翌日は、近くのバー「sababa」でのライブのためにウチの宿に泊まっていたNGOMAのみなさんとライブ帰りのお客さんたちで、朝4時過ぎまでの大盛況だったり、ビーチバム住人のトモちゃんのお誕生日会で盛りあがったりと、肝臓さんは休日知らず(シラフで夜のお仕事などできるはずもなく)、胃腸さんは夜中に悲鳴をあげるに至り、今日は今日とて、隣ではなにやらとってきたウニを焼いて食べようなどという宴が繰り広げられているのを尻目に、「まったくどいつもこいつも毎日酒ばっかり飲みやがって…」と、サンピン茶をすすりながら、にわかアンチ酒飲みを決め込んでいるわけであります。

ひとが飲んでいると飲みたくなるし、このブログの更新を心待ちにしている奇特な常連様が、数名いらっしゃるようなので、こんな時こそとばかりにひとりマックに向かうのですが、ハッピーな酒飲みの日常に他人様が聞いてことさらおもしろいと思われるトピックがあるはずもなく、便りがない脳天気のお知らせよろしく、近頃のビーチバムパラダイス近況とさせていただきたいと思います。

ここで一句。
「ブログよりリアルにアゲるビーチバム」

…いかん、やっぱ飲んでないとパッとせーへんわ。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
ryota
HP:
性別:
男性
自己紹介:
沖縄本島北部名護市在住。
海で遊んだり、酒を飲んだり、酒を飲んだり、ときどき酒を飲んだりしています。
管理人の個人的関心事
バーコード
最新CM
[05/16 Backlinks]
[05/09 りょーた]
[05/08 wakarin]
[11/28 りょーた]
[11/27 ふみか]
最新TB
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
◎ Template by hanamaru.